2014年度 事業計画/ 2014年3月15‐16日 理事会・総会

Ⅰ. 年次研究大会およびセミナーの開催

  • ・第17回年次大会を、2015年3月14日(土)・15日(日)に、武蔵大学江古田キャンパス(東京都練馬区)において、粉川一郎会員を大会委員長として開催する。
  • ・東京月例研究会「市民社会研究フォーラム」をキャンパスイノベーションセンター(JR田町駅前)にて開催する(年間8回程度、原則第2土曜日、1回当りゲストスピーカー2名)。
  • ・大阪月例研究会「NPO研究フォーラム」を大阪大学NPO研究情報センターと共催で開催する(年間8回程度、原則第3日曜日、1回当りゲストスピーカー2名)。

Ⅱ. 機関誌等の編集・発行

1.ニューズレター

2014年度内に4回(2014年6月、9月、12月、2015年3月)発行し、全会員に配布する。

2.『ノンプロフィット・レビュー(The Nonprofit Review)』

2014年度は、第14巻として、年度内に2回(6月および12月)刊行する。

3.ディスカッションペーパーシリーズの発行

年次大会報告論文などのなかから完成度の高いものを選定し、JANPORAディスカッション・ペーパー(ほぼ完成済みで、かつ学術誌掲載前の論文)として、学会WEBページで論文のPDFファイルを公開する。

Ⅲ. 日本NPO学会賞の選考および授与

「日本NPO学会賞」の公募を行い、学会賞選考委員会において受賞作品を選定、表彰する。

Ⅳ. 広報、会員基盤の拡大、会員交流

  • ・学会の公式ホームページの内容について、英語ページを含め、一層の充実を図る。
  • ・入会案内リーフレットなどを作成し、学会の広報および会員基盤の拡大を図る。
  • ・地域ブロック単位の会員活動を支援し、地方圏の会員基盤拡大を図る。

Ⅴ. 国際研究ネットワークとの交流・連携

NPO・NGO・市民社会・ボランティアなどの研究に関する国際的な学会・研究ネットワーク(ISTR, CIVICUS, ARNOVA, KANPORなど)との交流・連携を図り、会員の海外研究発表を奨励するとともに、ニューズレターによる活動紹介などを行う。

Ⅵ. 震災特別プロジェクト

  • ・「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」により、日本NPOセンターとの連携事業として「東日本大震災における民間支援の軌跡と動向調査」を2013年度に引き続き実施する(5年計画の3年目)。
  • ・2014年8月31日(日)に、震災特別フォーラム・国際シンポジウムを東京都内において開催する。
  • ・2015年3月に、震災特別フォーラムを開催する。